kubernetesを使えばシステム運用の自動化が可能に

マウスの操作

コードの加筆修正が可能など自由度の高いkubernetes

光ファイバーのイメージ

アプリ開発をするために、ソースコードを一から書いていくというのは、想像以上に手間と時間がかかる状態になることは少なくありません。そんな手間や時間を大幅に削減したい時に活用しておきたいのが、無償でありながらソースコードの加筆修正も可能なオープンソースソフトウェアです。
kubernetesなどさまざまな種類のある「OSS」とは、ソースコードを確認することができるだけでなく、自由に加筆修正し、改変をすることによって作成したアプリを再配布することも認められています。基礎となる部分が完成しているkubernetesなどのOSSを活用すれば、一からソースコードを書いていく必要がないだけでなく、短時間で手軽に品質の高いアプリ開発を行うことができるようになります。OSSを改変していく以外に、ソースを参考に新たなアプリを開発していくという使い方も可能です。
そんな自由度の高さで注目を集めるOSSですが、OSSを使って開発したアプリなどを再配布する際には、著作権を表示する、ソフトによってはライセンス形式を守るなど一定のルールが設定されていることがあります。ルールは、ソフトによって異なるため、完成したソフトやアプリを再配布する前には、配布に関する注意点にしっかりと目を通しておくことが大切です。