kubernetesを使えばシステム運用の自動化が可能に

マウスの操作

kubernetesやOSSを使う際に確認しておきたい注意点

グッドサイン

システム構築や開発にかかる時間や手間を削減したい、既存のアプリのソースコードを参考に新しいアプリ開発を目指したいという時などに、活用を考えておいて損がないのがオープンソースソフトウェアです。OSSの魅力は、誰でもソースコードを確認できるだけでなく、改変や再配布まで認められているなど自由度が高いだけでなく、無料で入手できるという手軽さです。kubernetesなど多機能・便利なOSSがたくさんあり、このようなOSSを上手く活用すれば、ソフトやアプリ開発のスピードも上がることになるでしょう。
自由度の高さで人気のOSSですが、利用をするためには一定のルールが設定されていることがあります。その一つが、著作権です。OSSを改変して開発したアプリなどを再配布する際には、著作権の表示が必要なことが殆どです。さらに、OSSの中にはライセンス形式に関する指定などがあることもあります。再配布を行う際に、著作権表示やライセンス形式などの決まりを守らなければ、トラブルに発展する可能性もあります。それだけに、OSSを活用して開発したアプリが配布可能な段階に入ったら、著作権やライセンスに関する決まりをしっかりと確認しておくと良いでしょう。自由度の高さで人気のOSSですが、それぞれに決まりがあることを覚えておくことも大切です。