kubernetesを使えばシステム運用の自動化が可能に

マウスの操作

プログラミングを手軽にしたい時はkubernetesなどのOSS

PCとタブレット端末

システム開発などをおこなう際、活用をおすすめしたいのが、kubernetesなどのオープンソースソフトウェアです。プログラミングをするのであれば、ソースコードを一から書いていきたい、誰とも被らない独自のソフトやアプリを制作したいと考える人もいるでしょう。しかし、全てを一から行うためには膨大な時間と手間がかかるだけでなく、なかなか思うような形にならないと頭を悩ませる状態となることは少なくありません。こうした手間や時間を削減したい時に有効な方法が、ソースコードの改変などが認められているだけでなく、再配布もできる無料のソフトウェア、OSSです。
OSSは、様々な使い方ができるソフトウェアです。ソースコードを確認することによって作りたいソフトやアプリの仕組みなどに関する勉強を行うこともできれば、ソフトに簡単な改変を加えて再配布したり、OSSを元に全く新たなアプリに仕上げていくこともできます。そのため、一からソフトを作ることが大変と考える人は勿論、プログラミングにかかる時間や手間を削減しつつ理想通りのアプリを作り上げたいという場合も、OSSの活用を考えておくと良いでしょう。ライセンスなどに関して、多少の制約はありますが、自由度の高いOSSを活用すればプログラミングの幅が広がることになるでしょう。