kubernetesを使えばシステム運用の自動化が可能に

マウスの操作

kubernetesのメリットはコスト削減にも繋がること

オフィスビル

ソフトやアプリ開発にかかる手間や時間の削減は勿論、クオリティの高いアプリを作りたい時にも有効と注目を集めているのが、ソースコードを自由に改変することができるだけでなく再配布も可能なオープンソースソフトウェアです。kubernetesなどのOSSがありますが、OSSを使ってソフトやアプリ開発を行うメリットの一つが、ライセンス料が必要ないことです。
企業などが開発したソフトを改変し、再配布をするためには、ライセンス契約を行いライセンス料などを支払う形が多くなっています。ライセンス料はソフトを開発した業者によって異なりますが、金額によっては大きな負担となってしまうことは少なくありません。それに対し、OSSはライセンス契約を行わずソースコードを使うことができるだけでなく、再配布をする際にライセンス料を支払う必要もないため、ソフト開発にかかる費用を大幅に削減することができます。
ライセンス料が必要ないといっても、著作権表示が必要など再配布をする時にはOSSに設定されているルールを守る必要があります。再配布を行う際の条件は、OSSによって異なります。そのため、完成したアプリなどを再配布する際には、条件を満たすことができているかしっかりと確認しておくことが大切です。